食を楽しみながらダイエット

私が今まで行ってきたダイエットは、りんご・朝バナナ・ヨーグルトなど、ひとつの食品をメインにした食事制限でした。

ゼロキャロの効果的な飲み方は?話題のダイエットサプリを3ヶ月飲んだ私の口コミ&評価を暴露します!

最初のうちは体重も減りますが、停滞期に入ると減らないストレスから結局は暴食してしまい、体重が戻るという結果。

そんなダイエットを何年も繰り返していたあるとき。私は「チートデイ」という方法に出会いました。

チートデイとは簡単に言ってしまえば「食事制限を考えず好きなもの食べる日」です。

私が今まで行っていたダイエットは、ひたすら我慢するというもの。

食べたいという欲を抑えることはかなりのストレスを伴い、ある日それが爆発してしまうのです。

しかし、チートデイを作ることによってストレスが軽減されるので、日々の食事制限も続けることができました。

すると次第に体重が落ち、ひとつの食品だけをメインにしていた食事も、自然にバランスの良いものへと変わっていきました。

週に一度のチートデイで大好物のケーキなど甘いものを食べたり、月に一度は食べ放題へ出掛けたりするようにしてからは以前のような暴食もなくなり、今では目標にしていた理想体重へと変わりました。

食を楽しみながらダイエットすることは重要なのだと実感します。

髪の量が多くて困ってます。

子供のころから髪の量が多く、ハリがありすぎて広がりやすいため毛矯正をしています。月に一度美容院に行き髪の毛をすいてもらっていますが、それも悩みです。なぜなら髪の毛をすくことによってアホ毛が大量発生するし、すきすぎると余計広がるため適度に重みを残さなければいけません。

http://www.shipinnwadebridge.com/

本当はショートやボブに憧れているのですがボブにしたらコケシになってしまいます。毎月の美容院代もばかになりません。そんな私が職場付けられたあだ名は「馬の尻尾」です。髪の毛を一本縛りをしていた時言われました。

髪の毛を束ねてもピンとした状態になるため後ろ姿ですぐわかるみたいです。また、ヘアゴムは一か月たたないうちに伸び切ってしまうか切れてしまいます。そのため予備のヘアゴムを常に持っています。髪の毛を洗って乾かした後一時間もすれば広がってくるためニット帽をかぶり広がりを抑えます。

また、朝の広がりを抑えるためニット帽を被ったまま寝ることもあります。そうすると朝の支度が楽になります。柔らかくサラサラと髪がなびく人を見ると本当に羨ましいです。しかしこんな髪の毛にも良い点もあります。まず髪の毛が強い!

黒髪だと余計髪の量が多く見えるためカラーをしているのですが、何度ブリーチしても傷みません。枝毛や切れ毛は一切なく髪のパサつきも気になりません。逆に髪に艶がでてサラサラになっている気がします。

私はダイエットのために最近取り始めたものがあります。

私はダイエットするために最近プーアル茶を飲み始めました。その理由は毎日炭酸飲料を飲んでいたのですがそれがあまりよくないということを知ったのでそうしました。

ゼロキャロの感想とリアルな口コミ

さらにあまり体調もすぐれないことがあって検索したらプーアル茶がいいということを初めて知ったのでプーアル茶を飲もうと思ったのです。プーアル茶の味はあまり好みではないのですがダイエットのために頑張って飲んでいます。

ダイエットのためには飲むだけでは行けなくて、しっかりと運動することも大事なようです。なので最近はジョギングも少しずつ始めています。

なかなか思い通りには進みませんがそれでも毎日頑張っています。なかなか一人で行うときが重たいので今は主人と行っていますがなかなか主人の走るスピードが速いですので途中で断念してしまうことが多いです。そんなときどうしたらいいのかなと毎日考えています。皆さんだったらどうしますか?私は一人で黙々と取り組んでいたほうがいいのかもしれません。

どうしたらいいのか悩んでいます。結局どうすることもできずにまた悩んでいるだけなのですが。早く結果が欲しいです。なかなか結果が出てこずにつらいですね。でも頑張ろうと思いますし頑張っていきたいと思っています。

髪質により被るデメリット

幼い頃から、私は自分の髪の3つの特徴に悩まされています。まず第一に、毛がうねること。これは本当にどのようなシャンプーを試そうと改善されることはありませんでした。雨の日なんて本当に最悪で、髪の毛を括っていたとしても、うねりひろがり、非常に不快です。

夏なんて暑くて仕方がありません。ただでさえ滝のように流れる汗が、止まるところをしりません。

第二に、髪が水を弾きやすいこと。昔から何故か髪を洗う際に、水がうまく浸透しません。一度シャンプーを終えて髪を濯いでいたとしても、一番奥はまだ乾いている。なんていうこともざらです。気付いて仕舞えば気になり、再度洗いますが、結局洗いすぎで他の部分の髪がさらに痛むという完全な悪循環に陥っています。

さらに不安なことに、濡れにくいだけではなく、乾きにくいという問題もあります。本当にうんざりしてしまうのですが、必死に濡らしたら濡らしたで、今度は全く乾かないのです。長時間、腕がだるくなるまでドライヤーをして漸く乾くという始末。いつもこの調子なので、お風呂に入って髪を洗うことがとても億劫に感じてしまいます。このままではいつか毎日オイリーな頭を抱えて歩くことになりかねません。

そして最後に、髪の毛の量が多いこと。多いと言っては抽象的でしょうが、具体的に言えば、頭が痛くなるのです。どういうことかというと、髪の毛が伸びてきてポニーテールをしたとき。髪の毛の重さで、頭が痛くなります、、、。冗談でも誇張でもありません、本当に痛くなるのです。

これだけでも気分が滅入るのですが、この毛量とうねりが組み合わされば、これはもう狂気の沙汰です。見た目の不潔感が尋常ではありません。自分に非はなくとも、毛量が適切なサラサラヘアの子が隣に並べば、気分は地獄です。

さて、お恥ずかしながら愚痴の羅列になってしまいましたが、以上が、私がどのように己の髪質に苛まれてきたかの概要です。ただ1つ言えることは、髪質の悩みと言うと軽く聞こえますが、いざ我が身に降りかかってみると実害がありすぎるのです。それが遺伝子で決まるというのだから、本当にこの世って不公平。なんて、最後まで嘆きの文章になりましたが、死ぬまでには落ち着いて欲しいものですね、、、。

私の髪の毛の最近の悩み

毛量が半端ない!と自分でも嫌になる。1つに三つ編みでもしようものなら大縄跳びの縄そのもの。硬く太く多いの三重苦。色も黒々としてるので少しでも明るく軽くみせたいからカラーは必須。なんならハイライトも必須。そんな髪の悩みを抱えつつ美容師の世界へ。

仕事にも程なく慣れ経験も積み新人たちの研修要員へ。色んな毛量の人がいるのよ!なんて説明を入れながら何度も私がモデルになる研修では滝汗を流しながら励む後輩たちゴメンよ。そんな私も結婚を経て子どもを…5人授かり、またも変わっていく毛髪。子ども産むと抜けて良い感じになっていくのかと思いきや。

減らない。変わったのはクセ、うねり毛になった。しかも前の方と上からかぶさる部分はストレートのまま。耳から下の毛がクセ毛全開。アレ?パーマかけたの?ぐらいな勢いでグルグル。ストレートアイロンで耳から下を延ばしていくかそれとも耳から上のけをカールアイロンで巻くか…産後はホルモンの変化や栄養と睡眠の不足でクセ毛になりやすい×の5回笑。知らなかったよ…

抜けてくれよ、悠々自適な毛髪ライフを送れるかもとほくそ笑んでたのに。硬い、太い、多い、クセ毛…もうこれ以上なにがあるのよ。ただただ一つ良いことは40すぎても全く白髪がないことくらいかな

私の髪の毛の最近の悩み

最近、髪の毛がとにかく痒いです。同じところばかり痒くなってしまい、ついつい掻いてしまいます。

だんだんと力も強くなってしまい、気づいたら、赤く傷になってしまったことがありました。その部分が自分でも気になり、鏡で見てみると、髪の毛が切れたようになっており、すこし薄くなってしまっていました。これはいけない、掻くのは控え内といけないと注意をしていましたが、やはり癖になってしまい、いまも時々書いてしまいます。

そして、また違う日に鏡で確認してみたところ、その周りに、白髪が何本も生えていることに気が付きました。人から、白髪が生えると痒くなるよと聞いたことがあり、もしかしたらそれでいままでで痒かったのかなと妙に納得したところもあるのですが、やはり白髪が何本も生えていることにはショックを受けました。

気になるので、抜いてしまうのですが、これも良くないらしく、同じところばかりに白髪が生えて、どうやらまた増えたようにも思います。白髪は抜くことは良くなく、できれば切ったほうがよいと聞いたことがあるのですが、白髪を見てしまうと、どうしても毛抜きで抜いてしまうのです。

抜いたあと、スッキリする自分がいます。しかし、だんだんと痒くなり、また気になり出すのです。これからは、あまり気にせずにしようと思いました。

さらさらで艶とこしのある髪の毛への憧れ

私の髪の毛はいわゆるねこっ毛。よく友達や周りの人からはさらさらでうらやましい、いいなーと言われたりしますが、とっても細くてこしがないのでパーマをしてもすぐにとれたり、ヘアアイロンで巻いたりブローを念入りにしないとボリュームがなかなかでないのでペタんこになってしまうことが少しなやんでいます。

髪がとっても細くいので傷みやすくて、日焼けしたり、寝ている間の寝返りしたときの摩擦でも枝毛にすぐなったり切れたりしやすいです。カラーやパーマでもかなり傷んで毛先もパサパサになります。

そのため、普段からシャンプーの後のトリートメントは

かかせないし、ドライヤーで乾かすときも洗い流さないトリートメントを塗布したり、ドライヤーの熱で傷まないように風量を弱めて時間をかけて乾かしています。それだけでも傷みもましで、艶やかな髪の毛を保てていると思います。細い髪の毛は抜けやすくもあるので頭皮のマッサージをして、血行をよくすることで、毛根に栄養を与えて、髪の毛もこしがでてきたように思います。

もともとが細いのでめちゃくちゃ太くはなりませんが日々の頭皮と髪の毛のケアを怠らずに、艶やかでこしがあるさらさらの髪の毛を目指していきたいと思っています。