バストの下垂は予防していくしかない。

胸の下垂でがコンプレックスです。

昔はバストサイズがそれなり大きいことやおわん型の形が自慢で、自信にも繋がっていました。しかし、授乳時に乳腺炎を繰り返したためか、妊娠線のようなものがバストに現れボコボコとした表面になってしまい、形が大きく崩れてしまいました。当時は育児で忙しく、バストケアなんて全く意識していませんでした。授乳期が終わり授乳ブラから普通のブラへ戻った時に、この変化に気が付きました。

鈴木奈々愛用ナイトブラ!ルーナブラの育乳効果と口コミ&評価を暴露!

寄せて集めれば元のサイズに収まるのですが、時間が経つとバストのふくらみがなくなってしまい、ブラがパカパカとしてしまいます。バストがかなり柔らかくなってしまって、ブラからどんどんはみ出していってしまいます。バストサイズや形に自信があったのに、バストが以前の見る影もなくなってしまいショックを受け自信を無くしてしまいました。

さらに、年月が経つに連れて下垂も顕著になってきました。通常のワイヤーブラではブラの形がしっかりしているので、バストのふくらみがなくなった時に服の上からとても目立ちます。なので、ブラトップやノンワイヤーブラを使用する頻度が増えました。とにかく隠したい・楽をしたいと思っての選択でしたが、バストを支える力が弱いものばかり使用していたため、柔らかくなったバストはどんどん下垂していってしまったのだと思います。

バストの下垂についていろいろと調べましたが、結局は下垂してしまったバストを完全に元の状態に戻すことはできず、整形手術でも困難なようです。
結果、今ではこれ以上下垂しないようなケアをしています。簡単なものですがマッサージと胸筋の筋トレを行い、ナイトブラをつけるようになりました。下垂したバストに適したお肉が逃げにくいブラを探して、ブラを総入れ替えしました。ですが、結局はなるべくバストが目立たない服を選んで、隠してしまっているのが現状です。