口臭は歯磨きだけではダメ。3か月に一度は歯石を取ろう。

歯磨きしているから口臭対策は大丈夫!
そんな風に思っていませんか?

歯磨きをどんなに頑張っても口臭は消えない方は、歯医者で歯石除去をお願いしてみましょう。

何かを食べた後、歯磨きをしないでいると歯がネバネバしますよね。
これを歯垢(しこう)といって、細菌が発生している証拠です。
細菌は自分の周りにバイオフィルムと呼ばれるネバネバを出して居心地の良い巣を作ります。
歯磨きでこの歯垢を落とすのですが、完全には落としきれません。

http://www.truebelieverscomicawards.com/

歯垢が食べ物や水にふくまれるカルシウムイオンと結びつくと、歯磨きでは落としきれない歯石になってしまいます。
歯石が付くと歯の表面がザラザラしてくるんですが、こうなると食べかすや菌が引っかかりやすくなります。
この繰り返しで地層のように歯石が蓄積していきます。

問題は、この歯石の中で細菌が生きているということ。
歯磨き程度の攻撃ではびくともしない要塞を築いているんです。

この要塞の中で、細菌は食べかすを分解し、「臭い分子」や「毒になる分子」を作り出します。
「臭い分子」は口臭の元になる臭いですね。
「毒になる分子」は歯を溶かすだけでなく、歯茎の腫れと膿、出血を起こします。いわゆる歯周病です。
菌にとって栄養豊富な膿や血液を利用できるようになれば、これを分解して仲間を増やしながら、「臭い分子」を作り出します。
ちなみに、歯石1gの中に100億の菌がいるそうですよ。
歯石という要塞の中で100億もの最近が臭い分子を生み出していたら、歯磨きだけでは太刀打ちできませんよね。

この歯石を破壊するための攻撃方法が超音波です。
細菌の要塞になっている歯石の除去では、歯石は破壊するけれども健康な歯にはダメージを与えない武器、超音波スケーラーとエアスケーラーを使います。
超音波スケーラーとエアスケーラーのあとは歯石が付きにくくなるフッ素コートを施して、また2~3か月後に除去します。

歯周病になっていると最初は痛いかもしれませんが歯石除去をなんどか行っているうちに歯周病が収まってきます。
そのころには口臭も随分収まっていることでしょう。

口臭が気になる方で歯石除去を習慣にされていない方はぜひ一度歯医者さんにご相談ください。

中高年の加齢臭対策

歳を取るごとに家族から臭いだの、匂うだの言われることが増えてきました。

プルーストクリームを辛口評価!購入して使用した効果と私の口コミ!

確かに自分でも感じる時はありますし、周囲の方々に深いな思いをさせるのは本意ではありませんので、対策を講じています。

まずは頭皮から。髪も薄くなりいまはバリカンで丸坊主にしています。シャンプーは薬用のものを使用しています。当然頭皮からのアブラを除去するタイプのシャンプーを使用して、シャンプーには時間をかけて、洗い流すようにしています。

続いて、顔ですが、やはり洗顔フォームを使用しています。朝の洗顔、職場での洗顔、入浴時の洗顔、最低でも一日に三回は洗顔フォームで洗顔しています。当然脂を落とすものを使用しています。

次にボディーですが加齢臭対策用のボディーシャンプーを使用しています。入浴時にボディーシャンプーでゆっくり時間をかけて洗うようにしています。ボディーを洗いボディーシャンプーの泡が付いている状態で、頭のシャンプーなどをしたりして、しっかり体臭を抑え込みたいと思っています。特に脇や足の裏、股間などは念入りに洗っています。

そして足の匂い対策です。最近までパウダータイプの制汗剤を吹きかけていましたが、今は足専用のチューブタイプのものを愛用しています。これは確実に足の匂いを抑え込んでくれています。以上が私の加齢臭対策です。