素敵バストに近づくために

私は小学校の時からバスケやソフトボールなどスポーツをしていて、がっしりした肩幅としっかり筋肉のついた下半身で、いわゆるスポーツ体型です。そして胸は小さく離れているので、トータルで見た時のバランスがとても悪く、水着はおろか上半身のシルエットがあからさまになるTシャツやタイトなニットを女性らしく着こなすことができません。

http://socult.net/

胸は小さければ垂れないという迷信を信じて生きてきたのですが、30歳を過ぎてきた頃から、トップの位置が下がってきていることに気づき、これはさすがにカッコ悪いと思い始めるようになりました。当初はパットがしっかり入っていて、横から押し上げるようなブラジャーを使って盛って満足していました。しかし日に日に外した時の絶望感に耐えきれなくなり、ちゃんと現実と向き合おうと決意しました。

ランニングが趣味で、走るときにはめんどくさがって着けていなかったスポーツブラの装着をして走り始めたり、夜寝るときにはノーブラではなくきちんとナイトブラをするように心がけるようにしました。シーンに合わせてブラジャーを変えることは、垂れてしまった胸にはただの気休めでしかないかもしれませんが、今より状況が悪くならないようにするための予防策です。

さらに通っているジムの女性インストラクターに相談し、家でも簡単にできるバストアップトレーニングを伝授してもらいました。あとは姿勢、しっかり胸を張って立つこと。胸が小さいことで目立たないように猫背にしていたことが、垂れてしまった原因ではないかと指摘されました。今はスキマ時間にバストアップトレーニングを、胸を張った姿勢を常に意識して生活をしています。面倒くさがり屋の私でも毎日つづけていられます。

効果のほどは、少しはマシになったかな?くらいです。そう簡単に悩み解決という訳にはいかないので、できることからコツコツ少しでも素敵バストに近づけるように頑張っています。