雪の結晶が出来るまでの秘密

貴方の目には見えてはいるけれどとても小さかったり、細かく分かれていたりして、実際にはどういった色や形をしているのか分かりづらいものがあると思います。
日常生活でもたくさんあって、これからも今までと同じように気にせず過ごしていくことも出来ます。

興味を持って学び始めると飽きることなく、自然に面白いと思えるようになっていけるのではないでしょうか。例えば、季節感のあるものを挙げるとするなら雪があります。

http://www.ccsnm.org/

触ると冷たくて、すぐに溶けてしまう雪の一つ一つにも実はそれぞれ結晶としての形があります。
雪の結晶としてよく知られているのは、中心が六角形でその角から枝が生えたような形のものだと思います。雪の結晶には、それ以外にも全体的に角張った形のものや細長く延びた形のものがあるので、試しに調べてみるのをお勧めします。

ここまでで色々な形があると分かった雪の結晶ですが、そうなると新しく浮かび上がってくる疑問があります。それは何を基準にして、結晶の形が決まっているのかということです。もしも、結晶の形を決める基準がなかったとしたら、種類別に分けることも難しくなっていたと思いますが、答えは雪が降った時の気温や湿度に隠されています。
同じように雪が降る状況にあっても気温や湿度の高低差によって、結晶の形は変わります。

直接、目で見て雪の結晶の形を知ることは出来ないですが、それでも目に見えるままの雪が降っているわけではないことを想像すると、冬の景色の見え方が変わってくるのではないでしょうか。