自意識過剰を吹き飛ばせる最高の瞬間は

季節は夏だというのに薄毛の頭を晒す度胸が無いと、ムシムシ不快であると分かっていながら帽子を深く被って外出する、という選択肢しか取れず、結構困った事になります。http://www.grwyovalas.org/

今年はコロナの影響で多少マシになったとは言え、最もレジャーやアウトドアに人が出掛ける季節ですから、心休まる暇がありません。市内の山道や緑地にトレッキングに出掛けたとしても、朝早くからすれ違う人が多く、自意識過剰な私はかなり厚手の帽子を被って過ごすしか無いのです。

夏シーズン向けのメッシュタイプのキャップもアウトドア向けに多数売り出されているものの、やはり薄い頭頂部がメッシュに透けて見られてしまうのは怖く、ついつい冬用の通気性の悪いキャップをチョイスしてしまいます。

つい先週、非常事態が解除された事もあり出掛けたとある高地でのトレッキングでは、人気の無いスポットだけに久々に薄手のキャップを被り、時には外したりして清々しい空気を存分に堪能する事が出来ました。

周囲を一切気にせず自分の頭を曝け出せるという爽快感はここしばらく味わった事が無く、最高のストレス解消となりました。

とは言え、帽子を被らずとも周囲を意識せず過ごせる様、自意識過剰な自分のメンタルを少しづつ改善してゆく努力も必要なのかな?と真剣に考えています。