ニキビが教えてくれたこと

私は大学受験を控えた高校3年生の夏ごろから顔中にニキビが現れ始めました。その当時は勉強の遅れを取り返すため、毎日夜遅くまで起き、睡眠時間も十分に確保できていませんでした。

セシュレルの効果を辛口評価!私の口コミやネット上の評判などをご紹介!

また、夜が遅いため朝食はほとんど食べず、不規則な食生活を送っていました。ニキビができ始めてからはテストの成績も思ったようには伸びず、志望校は遠く、浪人を覚悟していました。

そこで母親が私を皮膚科に連れて行ってくれて、漢方薬、ビタミン剤、塗り薬を処方してもらいました。しかし、数か月しても思うようにニキビは消えませんでした。学業のほうも結果がでませんでした。そんな時に学校の先生から朝方の生活に切り替えなさいといわれました。先生は「人間のたいていの悩み事の原因は睡眠不足にある」と教えてくれました。

そこから私は夜の11時に寝て朝の7時に起きる生活を始めました。すると朝、昼、夜の決まった時間にお腹が空くようになりました。規則正しい生活になってから徐々にニキビが消え始め、人目を気にすることがなくなりました。

また、ニキビが消えてきた喜びから勉強に集中することができ、最終的には志望校に合格することができました。肌が荒れ始めたら必ず生活の中に落とし穴があるとニキビが教えてくれました。